ホームページの作成で悩んだことありませんか?今やホームページは企業の情報発信アイテムとして欠かせない存在となっています。ここではそんなホームページの作り方やそのコツを紹介します。これをマスターすれば素晴らしいオリジナルのホームページが出来上がります。

ホームページの作成方法

自社のスタッフで作成する方法

情報を調べる手段として個人や法人を問わず、よく利用されているのがインターネットです。パソコンや携帯電話が普及し、場所に関係なくインターネットで情報を調べられるようになっているので、これからビジネス…

外注して作成する方法

ホームページを外注して作成すれば、当然の問題としてコストが掛かります。一般的に制作を外注すると制作費は30万円位からが多く、制作後も最低でも10万円からの毎年のメンテナンス費用が掛かります。これに…

ホームページの作り方のコツ

ホームページはやみくもに作れば良いというものではありません。当然のことながら十分に検討をした上で作っていくことが求められます。ホームページは人に見てもらわなければ意味がありません。ここでは上手なホームページの作り方について紹介します。

ホームページを見る人の立場に立ったデザインを施す

見やすさや操作性にも注意を払う

コンテンツの量が十分であるかも注意する

自社と外注先とを分担して作成する方法

どの範囲を行うのかという役割分担をしっかりしよう

ホームページを自社と外注先とを分担しながら作成するというのは一般的に行われている方法ではないでしょうか。自社でデザインを担当して、外注先でコーディングなどを行うという形が一般的です。 どういう形であれ役割分担が決まったとはいっても、お互いにやりやすい形がありますので、そこのところの意識あわせをしていく必要があります。そうしないと事が始まりませんので、どういう形で作っていくのかということは常にお互いの会社で情報共有をしておくべきです。 特にどちらの役割にもグレーゾーンと呼ばれる範囲がある場合はいち早く、どちらが責任を持って行うのかを決めないと最後まで作業が残ってしまって、納期までに終わらない可能性が出てきます。とにかく、きちんとどの範囲をどちらが担当するのかはしっかりと決めておきましょう。

双方で決めたことはその都度ドキュメント化していく

これから実際にホームページを作成する時には、自社と外注先とで何度も会議を積み重ねていく必要があります。会議をしたその時にいつも議事録でどういうことが決まったのかということを確認していきましょう。実際に作成していくうちに要件が増えたとか想定していた作業工数が増えたということはありがちです。 ホームページ作成においてトラブルが起こらないためにも、きちんと議事録で証拠を残していく姿勢が大切です。言った言わないという不毛な論争をしていては全く前に進めなくなりますので、毎回打ち合わせの議事録を見ながら認識不足が無いのかどうか確認して下さい。面倒なことではありますが、きちんと確認をすることによってトラブルが起こるリスクを抑えることが可能です。